小児の視機能
斜視
弱視
立体視について
心因性視覚障害
3.弱視(Amblyopia)とは
弱視という言葉は」よく耳にしますが、弱視って一体何をさすのかと聞かれますと、なかなかはっきりしません。弱視とは原則的には眼球自体にはっきりとした構造異常がないのに、視力が出ない状態をいいます。その原因としては乳幼児期に斜視、あるいは屈折異常があったため、網膜に焦点のあったきれいな像が結ばれず、後頭部にある視覚中枢が視覚情報を充分に識別出来ず、そのために視力の発達が不十分となり視力の出ない状態を弱視といいます。先に述べたように基本的には眼球には異常は見られず、未熟児網膜症や先天緑内障、先天性白内障などの眼の病気がある場合は、矯正視力が不良でも弱視とは言いません。
Ⅰ.斜視弱視(strabismic amblyopia)
乳児内斜視など一方の眼に斜視があると、斜視のある眼の黄斑部には鮮明な像が結ばれず、そのような状態が継続すると、其の眼が使われなくなって、弱視になることがしばしばあります。これを斜視弱視といいます。斜視弱視の治療は種として2つの舞文に分かれます。最初は弱視の治療そして、次に手術療法にて眼位異常を矯正いたします。弱視の治療は基本的には斜視の眼の視力を上げる為に、まっすぐな健康な眼を隠して(パッチング)、出来るだけ斜視眼を使用するようにする、いわゆる遮蔽法で弱視の眼の視力を改善しておく必要があります。乳児内斜視のは遠視を伴う者も多くありますので、このような場合には遠視を矯正する眼鏡を併用する必要があります。斜視弱視症例では眼鏡で斜視がなおる事は無く、手術療法、眼鏡装用(必要ならば) 遮蔽方法の組み合わせが治療の基本になります。斜視弱視症例では、弱視の程度は比較的ふかく、遮蔽法を使用しても、弱視眼視力の改善は遅い傾向があります。弱視眼視力の改善を待って治療をするのは良いのですが、その為に斜視手術のタイミングが遅れるのはよくあるません。多少のじゃくしが残っていても手術を行わなければいけないことがしばしばです。手術法は斜視眼の前後転術が普通ですが、術後外斜視の発症を防ぐため、手術量はやや控えめにするのが安全とお思います。
Ⅱ.不同視弱視(anisometropic amblyopia)
片方の眼に強い屈折異常(遠視、近視、乱視)がある場合に、より屈折異常の弱い眼が主に使われて、より屈折異常の強い眼は、黄斑部に鮮明な像が結ばれないため、そちらの眼が使われなくなり、弱視になることをいいます。治療法としては矯正眼鏡と健眼遮蔽の組み合わせが一般的です。不同視弱視の多くは片眼の遠視ですが、健眼とされている眼もある程度の屈折異常がある事が多いです。もし遠視性不同視の診断が確定したら、眼鏡による視力の改善を図ります。不同視弱視のうち、早期に診断されれば、眼鏡を装用するだけで弱視眼の視力が正常化する事がしばしばあります。其のためすぐに遮蔽法を開始しないで、しばらく眼鏡を装用して、視力の推移を見ながら、必要な時は健眼の遮蔽を行ないます。私たちは不同視弱視を治療する時には片眼の視力だけに注意するのではなくて、最終的にはより良い両眼視機能の確立を目的とします。また眼の位置が正位であることも確認しなければなりません。そのために定期的な視力検査、眼位検査、立体視検査が中心となります。以上は主として片眼性遠視性不同視について述べていますが,数は少ないですが、片目に強い近視があるとやはり、遠視のときと同じように弱視になります。この場合には遠視性不同視性弱視が眼鏡で比較的治療結果がよいのに、近視性不同視の場合には、眼鏡がうまく装用できないで、治療がうまくいかない事があります。
Ⅲ.屈折異常性弱視(ametropic amblyopia)
両眼に強い屈折異常(遠視、近視、乱視)があり、眼鏡等を使わず矯正されないままでいると、両眼の黄斑部に鮮明な像が結ばれないため両眼共弱視になることがあります。屈折異常性弱視は屈折異常が矯正されない場合には、両眼性の視力低下を起こすので、読書障害などの問題を起こしてきます。眼鏡による屈折異常の完全矯正が極めて重要になります。屈折異常性弱視の特徴は斜視弱視、不同視弱視と比較して、両眼間の視力の差が少ない為に、多くの場合は両眼の屈折異常を眼鏡にて矯正する事により、比較的短期間で視力が改善する事がほとんどです。しかし視力が安定したからといって、眼鏡を外す事は出来ません。潜伏遠視を無理して調節しながら生活しますと、勉強、読書などで不利となります。遠視は年齢とともに減少し、中には眼鏡が必要でなくなる人もいますが、少しでも遠視が残っている場合には、特に学生時代、近業が多い時には遠視の眼鏡を充分に活用すべきなのです。
Ⅳ.視性刺激遮断性弱視または廃用性弱視(Form Vision Deparivation Amblyopia)
生下時より先天性白内障や幼児期に片眼に眼帯をしていたなど、網膜に光や像がとどかない状態でいると、使われなかった方の眼が弱視になることがあります。この場合には内斜視を伴う事が多く、発症時期が極めて早期であるために、最も弱視の程度は重く、治療が困難です。
治療は障害となっている病変を出来るだけ早く取り除く事である。特に形態覚遮断弱視の最も多い原因となる、片眼性先天性白内障においては、診断が確定したところで、出来るだけ早期に全身麻酔下で白内障吸飲手術を行い、すぐにコンタクトレンズによる屈折異常矯正と健眼遮蔽を行う必要がある。屈折異常矯正と健眼遮蔽は早期に始められ、それから10歳近くまで継続し,患者、患者の家族、医療関係者の努力は大変なものである。その意味で治療の内容、視力改善の見込みなどについて。家族に充分な説明をする必要があるのはいうまでもない。
我が国ではまだ行っている症例は少ないが、新生児の先天性白内障術後、人工水晶体移植術については、アメリカなどでは官吏行われている。しかしながら長期にわたる視力改善の報告はまだ少なく、また眼球の成長に従って人工水晶体の交換が必要になる事も、問題とおもわれる。
ページの先頭へ
Copyright © KASHIWA KIBOU EYE-CLINIC.